読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

Lily、マレーシアに行ってみたってよ。その1

旅行

ついに先日1シンガポールドルが80円に。。。

こんばんは、Lilyです。

トランプ効果か、わかりませんが、
あれくらいの時期から円安が止まらず、
私が渡星してきてから、一時は72円にまでなっていたのに
今や80円台に突入です。
年の瀬に友人が遊びに来る予定が結構あるので、
なんだかこんな時期に来てもらって申し訳ないなぁ、
という気になってしまいます。
ほおお、72円!!とか思っていた時期が懐かしい。。。

さて。

シンガポールの魅力の一つに、
隣国のアジア諸国が近い、ということがあると思います。
他の方のブログを見ていても結構な頻度で
他の国に行っているなぁ、というのを感じます。
仕事でこっちに来ているので、
なかなか休みをもう一日とって、3連休に。。。
というのが自由にきかなかったりするので
計画的に旅行が出来ていないのが辛い所です。

しかし、近さもあって土日の一泊二日でも
いい感じの旅行に行けてしまうのでは、と思ったので
まだまだシンガポールの国内に行ってみたい場所はあるのですが
ついにシンガポール国内に出てみました。

タイトル通り、今回の目的地はマレーシア。
ただ、クアラルンプール(以後KL)だけだと一泊二日だと
観光地があまりないので暇になるかもしれない、
とマレーシアに住む友人から聞いたので、
今回は、
陸路でマラッカを通り、その後KLに行く
という計画を立ててみました。
旅行計画は下記の図の通りです。

f:id:lily_singapore:20161206003821p:plain

欲張り過ぎた感が半端ない。

陸路でマラッカに行く場合、考えられるざっくり下記の3つかと思います。

バス(自分で予約)

メリットは、この中で一番安いことです。
BusOnlineTicket.comというサイトで、事前に予約が出来ます。
バスの種類と、到着地によって値段はばらけますが、
土曜日の出発で大体23-30ドルくらいでした。
デメリットとしては、国境通過時に、
一回全員バスから降ろされ、各自入国審査
そしてその後自分のバスを再び待つ、
というプロセスが出国と入国で繰り返されるため
バスの本数が多い時間だと時間がかかります。
あと意外と利用者が多く、直前の予約は禁物です。

国際タクシー

メリットは速さで、バスと違って
タクシーから降りずにパスポートチェックがあるらしく
税関もトランクのチェックがあるのみ、という感じで
入国・出国・税関処理がスピーディーです。
またバスと違って24時間営業らしいので、
バスがない時間に移動した場合にはいいと思います。
デメリットは値段かな。
値段は、バスと比較すると桁が一個上がります。

旅行ツアー

これ以外に悪くないのでは、と思うのが
オプショナルツアーとかで売っている日帰りマラッカ旅行。
VELTRAで調べてみたところ、
日帰り往復で大人160SGDとかでした。
日本語ガイド付き、ご飯付き。
観光とか自分たちでアレンジするのは面倒くさい!
という人には向いている気がします。
デメリットとしては、自由が利かないことですかね、ツアーなんで。

今回は往復ではないので旅行ツアーは最初から除外。
タクシーとバスだと、値段が段違いだったのと、
高いお金払ってダメなタクシードライバーに当たった時に
がっかり感がすごいことになりそうなのでバスに。

Bugisにあるバスターミナルから、
Malacca Sentralというバスターミナルまでの移動で
チケットを購入しました。
横が3列しかない、かなり広々としたバスである、
という口コミを参考にバスを予約。
一人24SGDでした。日本円だと、2000円くらいですかね。
2000円で国境が越えられる、って
海で隣国と離れている日本にはない感覚だなぁ、としみじみ。

行くまでの準備について熱く語りすぎて
なんだか長くなってしまったので今日はこんな感じで。

↓いつも応援ありがとうございます。いつもクリックありがとうございます!↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ