読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

伝統的焼き鳥を食す。

タイトルを自分で見間違えました。

こんばんは、Lilyです。

今日のタイトルが「伝統的焼き鳥を食す」なのですが
「伝統的焼き鳥を殺す」に見えてしまう不思議。
あれ、私だけ?汗
たぶん"漢字一文字"+"す"という単語がそんなにないからではないかな。。。笑
ちなみに自分で書いててなんですが、食べただけです。

ということで、先日こちらに行ってきました。

f:id:lily_singapore:20161112215456j:image

FOOD OPERAです。
調べてみたところ、フードコートのFood Republicと同じ系列なのだとか。
公式サイトをみると、ここのお店だけな前はFOOD OPERAです。
たぶんコンセプトが違うのでしょう。
中はシャンデリアがあったりとかなり綺麗でゴージャスな感じです。

ホーカーよりも綺麗で、値段はホーカーよりは高いけども、
普通のレストランよりはリーズナブルに食べられるフードコート。

いつもバクテーとチキンライスばっか食べているので
今回は、伝統的焼き鳥、サテーを食べてみました。

サテ(サテー、サテイ インドネシア語 Sate、英語 Satay)は、インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイなどの東南アジア諸国で広く食べられている串焼き料理。
外見が日本の焼き鳥に似ているので「(現地風の)焼き鳥」と訳される場合が多いが、鶏肉が使用される「サテ・アヤム(sate ayam)」の他に、牛肉を使った「サテ・サピ(sate sapi)」、山羊肉を使った「サテ・カンビン(sate kambing)」など他の肉でも作られる。日本の焼き鳥より小ぶりの場合が多い。

Wikiより

という感じなので、
東南アジアで広く食べられている小ぶりな焼き鳥的なもの
ということだと思います。
肉自体にそれなりに味が付いていますが、
ピーナッツのソースに付けて食べるそうな。

f:id:lily_singapore:20161112215501j:image

買ったのはこちらのお店。
チキンウィングもとても気になりましたが、
今回の目的はサテー、あくまでもサテー。

f:id:lily_singapore:20161112215651j:image

ピーナッツソースの写真を撮り忘れました。。。
上の方にかすかに写っています。
9ドルで10本
チキン・ポーク・ラムの3種類のミックス。
それに、ライスケーキ(米粉を蒸したもの)と
かすかに野菜が付いていました。

確かに日本の焼き鳥よりは結構小さいです。
一つ一つのお肉も小さめなのでぱくぱく食べてしまいます。
ちなみに、自分は九州の出身なのですが、
地元の焼き鳥は大体鶏だけではなく、
豚と牛が通常メニューで入っています。

上京して、東京で焼き鳥屋に行った時に、

「あれ、なんでメニューに豚と牛ないの?」

といったら

 

「何言ってんの?ここ焼き鳥屋だよ?」

って言われて、お互いに

「何いってんだ、こいつ」
みたいな雰囲気になったことがあります。
牛置いてよ!美味しいじゃん、牛ハラミ串!!!

で、話を戻しますが、
サテーは味は結構甘めでした。
そのままで食べても結構美味しかったですが、
ピーナッツソースが甘みとピーナッツのいい匂いがして
美味しかったです。結構好きな甘みでした。

まぁ、小さいので10分とか瞬殺でしたけどね。。。

サテーで有名なところだと、
サテーバイザベイか、ラウパササテーストリートになるかとおもうので
機会があったら行ってみたいと思います。

次きたらチキンウィングも食べてみようと思います。

ではでは本日はこんな感じで。

↓いつも応援ありがとうございます。あなたのクリック、励みになってます!↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ