読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

銀行口座を開いてみる。

日本の方が進んでいると思うものもあれば
シンガポールの方が進んでいるなと思うものもあります。

こんばんは、Lilyです。

その一つが今日書く銀行口座です。
こちらでは、預金通帳は発行されず、
オンラインでチェックになっています。
ネットが使えない世代とかってどうしてるんだろう。
それともシンガポールは皆ネットを使いこなしているのか・・・!?

さて。
今日は銀行口座を作った話をします。

銀行口座開設に必要になるのは、

  1. パスポート
  2. EP(労働許可証)
  3. TA(Tenancy Agreement) 住所の証明
  4. デポジット 

になります。
EP無しでも、IPAだけで開設することが出来る場合も
あるらしいのですが、その場合ですと
EPを取得したらまた銀行に行かなきゃいけないらしいです。
別にそんなに急いでいなかったので、
EPとTAをゲットしてから解説に行きました。

平日になかなか銀行開設に行くことが出来ず、
土日に行くことになりました。
シンガポールは金融関係の会社が多く、
非常に熾烈な争いを繰り広げているため、
土日でも銀行業務を行っているところが多いです。
土曜日に、大きなDAISOに行きたかったので、Vivocityで開設することに。

シンガポールにおける三大銀行は、

  • DBS(Development Bank of Singapore)
  • UOB(United Overseas Bank) 
  • OCBC(Overseas Chinese Banking)

となります。
Vivocityにおける営業時間は
DBS
Mon - Fri: 8.30 AM - 4.30 PM
Sat: 8.30 AM - 1.00 PM
ということで、土曜日は1時まで。

UOB
Mon-Fri: 11am - 6pm
Sat: 11am - 4pm
Sun: 11am - 9pm
ということで土曜日は4時まで。

OCBC
Daily 11am-7pm
たぶん日付書いてないから土曜日は7時まで。
(というか毎日?)

Vivocityについた時点で、13時半くらいだったので、
DBSの可能性は消えました。

UOBかOCBC、どちらにするか。
UOBとOCBCの両方に行ってみて、
UOBの方が感じがよかったのでそっちにしました。
投資とかするわけではないので、
細かいrewardは気にしない方向で。

まずは受付で、新規口座の開設したい旨を伝えます。
そうすると、日本の銀行みたいに、番号付き整理券を渡され、
掲示板に番号が表示されるのを待ちます。

番号が表示され、ブースに入ります。
マンツーマンで口座について色々話します。
私がほしいのは預金口座(Saving Account)で、
UOBで最もスタンダードなSaving Accountは
One Accountというものになります。

いくら使用すると、何パーセント返ってくる、
等の細かい話を聞き、どのカードを作成するか等話します。

必要書類とデポジットの500SGDを渡して
口座作成を開始しました。
私はクレジットカードではなく、Debitカードにしたかったので、
UOB Direct Visa Debit Cardを作成しました。
シンガポールにおけるキャッシュカードとなるものです。
同時に、Debitカードでもあります。
さらに、NETSやNETS FlashPay等の多種の機能がついている
便利なカードです。
そんなカードがなんと即日発行。
番号が印字されているものに、
自分の名前を印字してもらってアクティベートして終了です。

ちなみにNETSとは、
Network for Electronic Transfers Singaporeの略で、
銀行のキャッシュカードに紐づいたデビットカードとして
利用可能な決済方法です。
使うとすぐに銀行口座からお金が引かれるため、
お金の使用管理が非常に楽です。
また、NETSを清算方法として使用できるお店も多く、
多くのお店で"CASH or NETS Only"なんて表示を見たりします。

そんな感じでカードが発行されました。
UOBではこれに加え、無料で
Lady's cardというデビットカードもつけてくれました。
3年間は使用料が無料だったかな。
これは女性限定で女性しかもてないカードだそうです。
何やら色々な場所でrewardがあるらしいのですが、
いまいちよく分かっておらずあまり活用できていません笑
UOB Lady's Cardのページ

カード両方のPINナンバーの登録を行います。
シンガポールはデフォルト6桁のようです。
次にインターネットバンキングのパスワードも設定。
最後にインターネットバンキングの説明を受け終了です。


光熱費等の振り込みもインターネットバンキングで可能で、
私は家賃の振り込みにインターネットバンキングを使っています。
ただ、口座を開設してから2週間以内に送られてくる、
Tokenというものを使って初回のアクティベートをしないと、
家賃の振り込みは出来ませんでした。
2段階認証的な感じのようです。
初回のアクティベートが終了すると、
次からはTokenによる認証か、
SMSで送られてくるOTP(One TIme Password)の選択が出来ます。

こんな感じでだいぶネットでの環境が整っているシンガポールです。
しばらくの間結構な量のお金を家に置いておいたのが嫌だったので
無事銀行が開設できてよかったよかった。

これからシンガポールで銀行を開設する方の
何らかお役に立てると光栄です。
個人的にはもっとUOB Lady's cardを有効活用したいのですが、
HPもおしゃれ過ぎてよくわかんない感じなので、
今後もっと探っていきたいと思います。

それでは本日はこんな感じで。

↓よろしければポチッとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ