読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

ナイトサファリに行ったらインド人がいっぱいだった。

観光

日本はクリスマスが終わったらすぐお正月モードだったのでしょうか。

こんばんは、Lilyです。

日本はショーウィンドウやディスプレイは、
クリスマスが終わるとすぐお正月モードに切り替わって、
クリスマスが終わった瞬間からの切り替えが凄いなぁ
といつも思っていたのですが、
シンガポールはクリスマス終わっても、
普通にクリスマスソングが流れていたり、
クリスマスツリーが飾ってあったりしました。

旧正月もあることですし、
日本と違ってお正月のウェイトが高くないのでしょうね。
私も部屋にはツリーは飾っていましたが、
門松は飾っておりません笑

さて。

先日、初めてナイトサファリに行ってきました。

ずっと勘違いしていたのですが、
私はシンガポールZooが、夜になるとナイトサファリになると思っていました。
よくよく色んな説明を読んだら、
シンガポールZoo とナイトサファリは別物で、
同じような場所にあるだけで、
展示方法も存在する動物も違うのですね。
だいぶ大きな勘違いをしていました。。。汗

私は以前、リバーサファリに来た時に、
シンガポールZoo、リバーサファリ、ナイトサファリ、ジュロンバードパークの
4つの動物園の年間パスを買ったので、
購入するのは友人のチケットのみでOKです。

ナイトサファリに行くときにやることは二つです。
チケットを買い、トラムを予約する、です。

チケットは、現地で購入することもできますが、
事前にネットで購入することもできます。

公式HPから購入が出来ます。

現地で購入したことがないので何とも言えないですが、
少なくとも公式HPから買う際に、
EPの番号を入れると10%安くなります。
ローカルとロングタームの滞在の人は安くなる仕組みです。

購入時に、Admission time slotを選択しますが、
これはそのままの意味で、
ナイトサファリに入場する時間です。
何個かにタイムスロットが分かれていて、
その時間にならないとナイトサファリに入場することが出来ません。
早く入場したい人は、早めに予約しましょう。

トラムについてですが、
英語トラムは予約とかないので、
英語で全然OK、という人はそのままでいいと思います。
ただ、個人的には日本語トラムお勧めです。

今回、私以上に英語話せる友達と行きましたけど、
正直動物の名前とか生態にかかわる単語が
全部わかるかというと微妙なので、
日本語トラムの方が断然気楽に楽しめます。

あと、英語トラムだと予約の概念がないので
どれだけ混雑していても並んで順番を待たなければいけません。
そう考えると決まった時間に必ず乗れる日本語トラムが
10ドルかかっても効率的かな、と思います。

ということで、20:15にナイトサファリ入場のAdmission Ticketと
19:45からの日本語トラムを予約しました。
たぶん日本語トラムはもう一本早いのがあります。

ちなみに、年パスを持っている場合は、
メンバー用のポータルからAdmission TIme Slotだけ選択しておく必要があります。

ここまでが事前準備です。

現地に到着しました。

f:id:lily_singapore:20161227212300j:image

人生初のナイトサファリです!

動物園、好きです。

f:id:lily_singapore:20161227212340j:image

まずはご飯を食べます。
あいにくのスコールで、ナイトサファリの前にあるレストランでの
ファイアーショーが中止になったので、
屋根があって選択肢もおおい、ULU ULUでご飯にしました。
友達はダックライス、私はインドカレーを食べました。
今回のインドカレーは北インドカレーでした。
南インドカレー食べに行ってから色々と意識して
カレー屋さん見るようになりましたが、
案外結構南と北のハイブリッドみたいなお店が多いです。
ここのお店もそうで、ナンもあったし、ビリヤニもありました。

とりあえずご飯はメインの話じゃないので割愛。

19:30になったので、
日本語トラムの乗車場所である4&5のトラム乗り場に向かいます。 

f:id:lily_singapore:20161227212326j:image

ULU ULUの奥の方にあります。

Admission TIme Slotは20:15なのに、19:45のトラムに乗れるのか?
と思うかと思いますが、答えはYESです。乗れます。

大体このトラムが30-40分かかるのですが、
終わった時にはAdmission TIme Slotになっているから
大丈夫だよ、とのことでした。(ちゃんと聞きました)

この時間配分、正直結構お勧めだと思います。

普通に入場列に並ぶと、
ツアーの人と時間がかぶると、
え、この列はどこで終わるの?みたいな感じで長蛇の列に並ぶことになります。

私が行ったときは、
え、なんでこんなにインド人がいるの?

ってくらいインド人がいっぱいいました。
正直、人勢であんなに一度に大量のインド人を見たのは初めてです。
インドじゃないのに、リトルインディアでもないのに、
右を見ても左を見てもインド人でした。

インドの方ってクリスマスシーズン休むんですかね?
宗教違わないですか?汗

なぜあんなにもインド人がいたのかはかなり謎ですが、
そんな感じでツアーに巻き込まれると最悪です。
なので、先にトラムに乗っちゃう、という時間配分にできると楽です。

入場する際にスタンプを押されました。  

f:id:lily_singapore:20161227212314j:image

日本語トラムに乗ります。
当たり前ですが日本人しかいません笑 

f:id:lily_singapore:20161227212357j:image

写真撮影はOKですが、
動物をびっくりさせないためにNO FLUSHです。
フラッシュをたいたらだめです。 

そしてツアー開始です。

トラムツアーでは、
ウォーキングトレイルで歩いて回れる分も回るのですが、
ウォーキングトレイルに含まれない、
トラムでしか入ることが出来ないエリアも含んでいます。
なので、トラムに乗るのはマストです、マスト。

f:id:lily_singapore:20161227212410j:image

暗闇なので撮影が難しく。。。フラミンゴかなぁくらいの者しか撮れず涙 

途中で写真の撮影は諦め、
日本語トラムのガイドに耳を傾け、
解説を楽しみながら動物の観察を楽しみました。

象とかすごく大きかったし、スペースも広かったしすごかったです。
ホワイトライオンも初めて見たので感動しました。

動物の生態を日本語でしっかりと解説してもらえてかなり満足でした。
個人的には日本語トラムがとってもお勧めです。

とりあえず色々興奮しました。

興奮のトラムを終え、
今度はウォーキングトレイルで自分で歩いて回れるゾーンを歩いて回りました。

展示の方法に工夫があり、
柵とかは極力少なく、堀などを上手く作成する事で、
人間と動物の境界線を作ってありました。

柵やガラスがあるのは肉食動物とかかな。

マレートラはガラスあり、です。

f:id:lily_singapore:20161227212422j:image

私がマレートラを見に行ったときに
ちょうどガラスの前にトラがいたのでこんな距離で写真を撮ることが出来ました!
ごろごろにゃんにゃんしてたので、
あぁ、トラってやっぱネコ科なのねぇぇぇ、と。

ウォーキングトレイルも暗いし、
私のカメラスキルでは上手く撮れないので途中であきらめました笑

あ、事前準備で追記ですが、
虫対策はしていった方がいいと思います。
私は事前にシンガポールの薬局で虫よけスプレー買いました。
匂いがきついですが割と強めのを。
日本のだときかないってきいたのでこっちでゲットして、
歩き回る前にやった方がいいかと思います。
日本人のカップルで「蚊にさされた!」と言っている方を
何組か見たので、対策した方がいいと思います。

残念ながら雨が続いてしまったので、
ナイトサファリのショーは中止になってしまったのですが、
それでもウォーキングトレイルでいろんな動物を見ることが出来て
すごく楽しかったです。
やっぱり夜の方が動物は活発だなぁ、と。

写真は殆どありませんが、
私の中にいろんな思いでは残っているのでそれでいいと思います。
写真を撮ることがメインになっちゃだめかな、って。

帰りはタクシー呼ばなくても、
次々とくるのでタクシー乗り場で待っていれば帰ることが出来ました。
何も考えずに乗ると、Limo Taxiで
普通のタクシーよりもメーターの進みがはやいのに
割り当てられそうになったりするのでご注意を。
そういう時は言われたのの一個後ろのに乗ればいいですよ笑

いやー、ナイトサファリ楽しかったです!

行っても毎回動物の違う姿が見られそうなので、
また誘われても全然OKだなーと思える動物園でした。

あと一回くらい行けば年パスの元が取れそうなので
友達が行きたいと言ったら積極的に行こうと思います笑

さすがどの観光ガイドブックにも載っているスポットなだけあって
完成度が高く、すごくお勧めの観光スポットでした。
楽しかったー。

ではでは本日はこんな感じで。
↓いつも応援ありがとうございます。いつもクリックありがとうございます!↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ