食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

変わりゆくシンガポールを感じたレストラン。

再びハマっています。

こんばんは、Lilyです。

一人暮らしで自分の朝・晩御飯とお弁当のために
色々とおかずを作り置きしています。

以前この記事で、

lilysingapore.hatenablog.com

レンチンレシピの本にハマっている、
という話をかきましたが、
この度この本の第二弾が出まして、さっそく買ってみました。

色々と作ってみましたが、
わりと私は今回の第二弾の方が好きかもです。

特に鶏挽き肉のオクラ入りテリーヌは簡単なのにとても美味しかったです。
お弁当、いちいち温めるのが面倒くさいので、
冷めても美味しいレシピっていいですよね。

さて。

先日、シンガポールに住んで長い、マレーシア人の友達に誘われて
Holland Villageにご飯に行ってきました。

この前書いたSunday Folksもそうですが

Holland Villageはお洒落なお店がいっぱいありますね。

今回友達が連れて行ってくれたのは
Hollad Village駅から近いところにあるレストランでした。 

Parkです。

店名:Park
ジャンル:西洋料理?
住所:281 Holland Rd, Singapore 278621
営業時間:
金-土曜 11:00-2:00
日、火-木曜 11:00-0:00
定休日:月曜日
電話番号: +65 9721 3815 

お店の外観の写真載せようと思ったら
思いっきりぶれてしまっていたので今回は割愛です。

小さなお店であまり席数がないので
行く場合は予約必須。
テラス席と、ガラス張りのお店に囲まれた中の席があります。

メニューはこちら。

f:id:lily_singapore:20170616143304j:image

メニュー数はそんなに多くないのですが、
なんか一個一個がいちいちお洒落な感じです。

まずはビール。

f:id:lily_singapore:20170616143309j:image

普通のビールは好きではないのでCIDERを頼みました。

サラダ

f:id:lily_singapore:20170616143313j:image

メイン。

f:id:lily_singapore:20170616143318j:image

パスタ&ピザ

f:id:lily_singapore:20170616143325j:image

サイド。

f:id:lily_singapore:20170616143331j:image

こちらが頼んだHILLS CIDER

f:id:lily_singapore:20170616143340j:image

テラス席でご飯を食べたので、
ちょっと生ぬるい空気とサイダーがとても合います。爽快。

こちらはサイドからLAKSA SPRING ROLL

f:id:lily_singapore:20170616143350j:image

ディップはマヨっぽかったので
私は食べなかったですが、
揚げ春巻きonlyでも結構味がしっかりしていました。
パリパリで美味しかったです。

続いてトリュフポテト

f:id:lily_singapore:20170616143357j:image

シンガポールの人って結構トリュフ料理が好きだよね。

という話になったのですが、
そういったトレンドもここ数年のことだそうです。

メインからMISO DOCK CONFIT

f:id:lily_singapore:20170616143424j:image

あんまり味噌の感じは強くなかったですが、
表面がぱりぱりしていて美味しかったです。

こちらは桜えびと明太子のパスタ。

f:id:lily_singapore:20170616143430j:image

明太子なんてこっちの人食べるんだねぇ、何て思っていたら
これもまたここ最近のトレンドだそうです。

ちなみに明太子はMENTAIKOでそのまま通じます。

シンガポールに住んで10年以上になる友達によると、
トリュフとか明太子とか、
もともとシンガポールになかった食材が
いろんなレストランで使用されるようになってきたのは
ここ数年の話だそうです。

国として成長して、国が豊かになると
ベーシックなこと(家とか車とか教育とか)から
さらに肉付けするように、いろんなことに対して目が向くんだね、と
そういう話になりました。

私はそういう理由で
シンガポールでよくマッサージチェアのお店を見るんだろうな、っと思っています。
別になくても生きていけるけど、
QoLを上げるためのツールとして捉えられるものが
どんどん取り入れられていく様子に
発展して成熟していくシンガポールを感じたのでした。

経済的に成長もして、
バブルも弾けたことのある日本は、
一体何を重視して今いるんでしょうね。

普通に美味しくて楽しい食事でしたが、
そんなことも考えた夜なのでした。

ではでは本日はこんな感じで。
↓ランキング参加中です。よかったら勢いよく押して行ってください↓

f:id:lily_singapore:20170211190248p:plain  

ラマダン終了!ラマダン中のゲイランに行ってみた。

概念は一緒。

こんばんは、Lilyです。

先日、マレーシア人の友達とご飯に行った時に、
揚げ春巻きが出てきて、
それを食べていた友達がこう言いました。

友「二度付けしたら怒る?」

 

私「えっ!?」
友「いや、ごめん、やだよね、やめとく」
私「いや、今そうじゃなくてなんて言ったの?」
友「Double-dip」
私「英語にも二度付けの概念あるんだ!!!!」

二度付けはdouble-dipというそうです。
アルクで調べたら出てきたし、ちゃんとあるらしい。
どこの国に行っても概念は一緒なんだなー笑

さて。

5月下旬から開始したイスラム教のラマダーン。
日が昇ってから日が沈むまでの間、
食事も水も取らない彼らは、
日が落ちてから盛大にそれを祝い、ご飯を食べるのです。

シンガポールにおけるマレー地区である
ゲイラン・セライで盛大にナイトバザールをやっている、
と友達に教えてもらったので
ちょうど遊びにきているフォトグラファーの友達を連れていきました。

今回は友達が撮った美しい写真と共に
ナイトバザールの様子をお伝えしたいと思います。
(一部私が撮った普通の写真もありますが笑)

ナイトバザールが行われている場所は
MRTPaya Lebar駅付近のTanjong Katong Roadより
東側のSims Avenue & Geylang Roadで行われていました。

おそらく毎年場所は変わらないのでしょう。

せっかくのナイトバザール、ということで
大体18時くらいにPaya Lebar駅に到着して行動開始。

最終日ということもあって、
混みあっているかなぁ、と心配しましたが、
そこそこ混んではいましたが、人が動かない!というほどではなかったです。
新年のMBSと比較すると可愛いものです。

ナイトバザールがやっているところに近づいてくるといい匂いが。

f:id:lily_singapore:20170625000555j:plain

雰囲気的にはディパ・バリの時のLittle Indiaととても似ていると思いました。

lilysingapore.hatenablog.com

あっちはヒンドゥー教でこっちはイスラム教ですが。

まだ明るいから綺麗には見えないけど、
イルミネーションもずっと続いているようでした。

f:id:lily_singapore:20170625000609j:plain

道沿いには、絨毯やら謎のキラキラした電灯やらが売っています。

f:id:lily_singapore:20170625000623j:plain

あまり家に必要そうには感じませんが、
断食明けのテンションだと買ってしまうのでしょうか?笑

ちなみに、ラマダン明けを祝うお祭りのことを

ハリ・ラヤ・アイディルフィトリ

というそうです。

発音が難しいですね。

ご飯系の出店もいっぱいありました。

買わなかったけど目を引いたのはフライドオレオ。

f:id:lily_singapore:20170625000638j:plain

美味しいのかなぁ笑
日本の出店でいう揚げアイス、みたいな感じかしら。

あと私は食べなかったですが、
友達はたこやきを買っていました。

 

f:id:lily_singapore:20170625000652j:plain

友達曰く、たこ焼きはたこが入って初めてたこ焼きっていうんだな、
というのを再確認した、とのことでした。

私が食べたのはケバブ。

f:id:lily_singapore:20170625000704j:plain

買ったところのケバブ屋さんは、
店員さんが日本に住んだことがあるらしく、
結構流暢な日本語で話しかけられてびっくりしました。

23年前に日本に住んでいた、とのことでしたが
かなり日本語上手だったなぁ。
トルコ語と日本語は文法が似ているから勉強しやすい、
と言っていましたがそうなんですかね。
トルコ語やろうと思ったことがないから文法まで知らない。。。汗

ちなみにケバブは正直そこそこでした笑

ワッフルの中にチキンとポテトが入って、
上にチェダーチーズがかかってる食べ物。

全然人が並んでいなかったのですが、
個人的にはこれかなり美味しかったです。 

f:id:lily_singapore:20170625000504j:plain

これは人が凄く並んでいたラクレットチーズ。
美味しかったけど、Wine Connectionのラクレットの方が美味しかったです。 

f:id:lily_singapore:20170625000441j:plain

これは歩き回って厚かったのでかったIcy Lycheeジュース。

f:id:lily_singapore:20170625000453j:plain

冷たくて甘くてすっごく美味しかったです。生き返ります。

食べ物家だけではなく、
的屋があったり、服屋や小物のお店も多かったです。

f:id:lily_singapore:20170625000519j:plain

マレー系の服も色が鮮やかで美しいですね。
でも、着ていくところがないので買いはしませんでした。

陸橋からイルミネーションを撮影。

f:id:lily_singapore:20170625000526j:plain

こうすると人の多さがよくわかりますね。
そして写真が美しい。。。

あと、かなりトルコランプのお店が多かったです。
トルコランプは可愛くて本当に見ていて楽しいです。
家においてもこれだけ浮いちゃいそうなので買わないですが。。。

あと、倒したら確実に割れるし。床大理石だから。

f:id:lily_singapore:20170625000512j:plain

こんなのが部屋に合ったら素敵だろうな。。。

f:id:lily_singapore:20170625000531j:plain

かなり目の保養になりました。本当にかわいい。

f:id:lily_singapore:20170625000536j:plain

最後に地上からイルミネーション。

f:id:lily_singapore:20170625000550j:plain

初めてのゲイランナイトマーケットで、
最終日の訪問となりましたが、
色々なお店の熱気を感じ、人の熱気を感じ非常に刺激的な夜でした。

所謂アジアっぽさ、というものも強く感じることが出来るイベントだと思うので
来年のラマダンの時期にシンガポールに来る場合は、
ここに立ち寄ることをお勧めします!

とても面白かったので行ってよかったです。

今日は、ハリ・ラヤ・プアサ(断食明けの日)になって、
月曜日は振替の祝日になります。

休みが多いって本当に素敵っ。

皆様も三連休、楽しめますように。

ではでは本日はこんな感じで。
↓ランキング参加中です。よかったら勢いよく押して行ってください↓

f:id:lily_singapore:20170211190248p:plain  

旅行者に驚かれる、シンガポールの緑。

日本もいろいろだけどシンガポールもいろいろ。

こんばんは、Lilyです。

最近は、アイドルが結婚宣言したり、
現職議員のパワハラが問題になったりと、
なかなかYahoo!ニュースのヘッドラインが賑わっている状態ですが、
シンガポールもなかなかエキサイティングな事態に。

元首相の子息による喧嘩が話題になっております。
詳細はハロアジさんがまとめてくれていました。

helloasia.jp

この喧嘩の面白いところは、
舌戦がFacebook上で繰り広げられているところですよね。
なんかすごく近代的な喧嘩だと思ってしまいました。
まぁ、喧嘩は喧嘩なんだろうけども笑

さて。

シンガポールに自分が来た時も感じたことですし、
旅行でシンガポールに来た友達がよく思うことは

シンガポールは緑が多い

ということです。

シンガポールっていうと、
マリーナベイサンズとか、金融街の構想ビルを想像する人が多いのだと思いますが
意外や意外、シンガポールに来てみると
とても緑が多いことに驚かされました。

公園も多いし、街路樹とかも多いし、
なんだか大きな木もいっぱいあるし、とにかく緑が多い。

シンガポールは土地が狭く、農業や工業で稼ぐことができないため、
国の方針として、外国からの投資や観光の誘致に尽力するしかなかったことが
一つの理由としてあるそうです。

そこで、シンガポールは綺麗で安全な国だ、
というイメージを確立するために
シンガポールをガーデンシティとする、という緑化政策が取られました。

ちなみに国のHPでは

Singapore’s Garden City journey began in 1963, when then Prime Minister Lee Kuan Yew planted a Mempat tree (Cratoxylum formosum), signifying the start of the greening campaign.

シンガポールのグリーンシティーとしての旅は1963年に、当時の首相であるリークワンユー氏が、グリーンキャンペーンの始まりとしてMempatの木を植えたところから始まっている。

とあるので、1963年ごろから始まった国策で、
50年以上の歴史ある緑化政策と成っています。

ちなみにメムパットの木ってなんだ?って思ったんですけど、

クラトキシルム属3種 :タイの植物植物チェンマイより

このHPの一番上のっぽいです。
確かにこういう花、シンガポールで見る気もする。。。

この国策への力の入れようはなかなかのもので、
現在は国土の1/3が緑であると言われており、
建物に緑を取り入れると、政府が建築費を最大50%まで援助する、
といった補助もあるそうです。

道理で建物に緑が多い物が多いわけだ。。。

ちなみに、シンガポールにおける緑化政策は
国家開発省が担当で、
その中でもさらに具体的な施策は
国立公園庁(National Parks Board)が行っているそうです。 

こちらがNational Parks BoardのHP

National Parks Board

こちらのHPからシンガポールの公園を探すことが出来ます。

この狭いシンガポールの国土の中でも
Nature and Heritageの検索に67件もひっかかるわけですよ。
しかもわりと一個一個が大きいんですよね。

なんだか1年近くシンガポールに住んでいると、
この緑が多い状況が結構当たり前になってしまっていて
あんまり何かを感じることがないのですが、
友達が来たりするたびに
「シンガポールって緑が多いんだね」
と言われるとふと、そうだよな、緑多いよねってなるのです。

日本に帰国した時に
「あぁ、シンガポールってやっぱり緑が多かったのね!」
ってなったりするのかな。

日本も公園はありますし、街路樹とかもいっぱいあると思うんですけど
なんかシンガポールの公園とか街路樹の木って
太くて大きいのでインパクトあるんですよね。。。

National Parks BoardのGoalは
"Let's make Singapore our Garden"
なので、ますます増えていく?かもしれない緑に期待大ですね。

シンガポールに来た際には、
是非近代的なものだけではなく、
シンガポールの緑も感じてみてはいかがでしょうか。

ではでは本日はこんな感じで。
↓ランキング参加中です。よかったら勢いよく押して行ってください↓

f:id:lily_singapore:20170211190248p:plain