読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

2人は難しいけど、3人ならば。

食い倒れ

あれからもう6年。

こんばんは、Lilyです。

東日本大震災から6年。 
あの日、大きな揺れを感じて半ばパニックになりながらつけたTV。
流れてくる映像が本当に現実のものなのか、
これは映画か何かなのではないか、と
完全にTVの前で声を失い、
俄かには信じられなかったことを今でも鮮明に覚えています。

被害に遭われた方のご冥福をお祈りすると共に、
被災地の方々が一日でも早く、
元の生活に戻ることができるようになることを願っています。

 

さて。

先日、両親がシンガポールにいる私を訪ねてくれました。
「Lilyが普段行けないような所にいこう」
と言ってくれたので、

小躍りしながら予約したのがこちら。

f:id:lily_singapore:20170305015120j:image

Min Jiang at One-Northです。

店名:Min Jiang at One-Northß
ジャンル:中華料理
住所:5 Rochester Park, Singapore 139216
営業時間:11時30分~14時30分, 18時30分~22時30分
電話番号: +65 6774 0122

こちらのお店、Goodwood Park Hotelの中にも入っているそうです。
予約はGoodwood Park Hotelのサイトから出来たのですが、
予約完了画面に出てくるお店の住所が、
Goodwood Park Hotelの住所なので、
なんだか心配になってしまって結局電話もかけました。

電話してサイトについて聞いてみた所、
サイトのupdateがされていなくてちょっと不具合があります。
 電話予約の方が確実なのでこのまま予約されますか?」
と言われたので、
何のための予約サイトやねん、という気持ちは多少感じつつも
そのまま電話で予約を取りました。

こちらのお店の特徴は

北京ダックがハーフで頼めること!

3人で一羽食べられるのか。。。という心配があったのですが、
このお店を紹介してくれた友達が
ハーフあるよ、って言ってくれたのでハーフでお願いしました。
北京ダックを食べたい時は、予約するときに
ちゃんと北京ダックを注文しておきましょう。
(サイズもその時伝えればOK)

当日タクシーでお店の前まで行ったのですが、
メインロードから一本入った狭い道沿いにある
非常にわかりにくい場所なので、
初めての人は時間に余裕をもって行くことをお勧めします。
私の場合、タクシーの運転手さんが迷いました汗

そんなこんなでなんとかお店に着き、
お席に案内されました。
同じ部屋では駐妻のママ友会が開催されていました。
私に教えてくれたのも日本人の方ですし、
やはり日本人に人気のお店なのかな。

ランチ時だと、北京ダックとか普通の中華以外にも
点心が注文できる、とのことだったので注文してみました。

f:id:lily_singapore:20170305015129j:image

Shrimp Dumpling、ぷりぷりで美味しかったです。
美味しかったけど、ほっぺ落ちるぅぅぅ!!ってほどではないかなー。
うん、美味しい、って感じでした。

あと1つくらい点心頼んだはずなのですが、
写真撮り忘れたのとメニューの写真も撮り忘れてしまったし、
何を食べたのか全く思い出せないので書けない。。。
なんかもう一個くらい頼んだ気がしてます。。。汗

北京ダックについてですが、
いわゆる一般的な北京ダックを食べるスタイルに加え、
こちらのお店ではダックの身の部分も調理してもらえます。
オプションは幾つかありました。
レタスでまくのとかチャーハンとか。
チャーハンが食べたいなぁ、と思ったのですが、
一般的にはチャーハンは卵が入っているので、
卵なしにアレンジしてもらえるか、とお願いしたらOKとのことだったので
卵なしでチャーハンを作ってもらうことに。

他にもこの食材にはこれが入っている、等の
細かい説明もしてもらえ安心できるお店だなぁ、という印象でした。

そんな感じで細かい注文が終わると、
北京ダックさんのお出ましです。

f:id:lily_singapore:20170305015133j:image

ダックの皮が切り取られていきます。

そして並べられる皮。

f:id:lily_singapore:20170305015142j:image

純粋に皮のみの部分と、お肉付きの皮でお皿が違います。

f:id:lily_singapore:20170305015145j:image

お肉付きの方は巻き巻きされます。

まずは皮のみを砂糖をつけて食べるのがこちらのスタイルだそうです。 

f:id:lily_singapore:20170305015255j:image

砂糖つけてもいいけど、
私はつけない方が好きかな、という感じでした笑
でも皮はパリパリでとても美味しいです。

そしてこちらでは、
なんか味噌的なものをつけるTraditional Styleと
チリソースと一緒に食べるスタイルがあるそうな。
チリソースの方はニンニクを含むらしいので、
ニンニクが苦手な母用にニンニクを含まずに巻いてもらって
それは別皿で出してもらいました。

f:id:lily_singapore:20170305015300j:image

こちらはTraditional Style
野菜と味噌的なものと一緒に、北京ダックが入っています。

この北京ダックを巻くものは、包饼(bao bing)と呼ばれるもので、
こちらのbao bingはもちもちしていて食べ応えがあって美味しかったです。

Traditional Styleはかなり我が家でも好評で、
北京ダックって言ったらこれだよね〜と言いながら食べました。
北京ダック美味い。

一人だと食べられないのでなおさら美味しいです。

2人でも多分ちょっときつい量なのでやっぱ3人必要。

そしてこっちがチリソーススタイル

f:id:lily_singapore:20170305015301j:image

私は結構好きな味でしたが、
親はTraditional Styleの方が好きだそうです。
まぁ、私もどっちか選べって言われたらTraditional Styleかなー。
チリソースはチリソース自体の味が強いので、
これを食べるとその味しかしないんですよね笑

そして最後はお待ちかねのチャーハン。

f:id:lily_singapore:20170305015307j:image

これは本当に本当に美味しかったです。
シンガポールに来てから食べたご飯もののなかで
堂々のNo.1といってもいいくらい美味しかったです。

北京ダック自体もすごく美味しいのですが、
なんというか、ちょっとあるおこげ感と
シャキシャキの野菜が抜群の美味しさを引き出していました。

お店の感じは、常に店員の方の気配りが行き届いていて、
頼んだお茶がコップから減るとすぐに継ぎ足してくれましたし、
ポットから無くなったらすぐに次のを持ってきてくれて
迅速な対応でした。
また、アレルギーの対応も完璧だったので安心して食べられました。

一人だと多すぎるために一回も食べられていなかった
北京ダックでしたが、
家族が来てくれたことで食べることができましたし、
久々の家族団らんで非常に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

両親も美味しかったと満足してくれたので、私も大満足です。

ハーフサイズの北京ダックを探している方、
Ming Jiangで北京ダックを楽しんでみてはいかがでしょうか。
チャーハン、めっちゃお勧めです。

 

ではでは本日はこんな感じで。 

↓ランキング参加中です。クリックよろしくお願いします!↓

f:id:lily_singapore:20170301001248j:plain