読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

ちょこっと隠れ家的な。

食い倒れ

英語を話しているといかに擬音が使い勝手がいいかを思い知ります。

こんばんは、Lilyです。

日本語って本当に擬音語の多い言語ですよね。
私がしゃべれる他の言語がそんなに多いわけではありませんが、
日本語の擬音の便利さはすごいなぁ、と思うことが多いです。
お腹が痛い、という一つの事象を取っても、
「きりきり痛む」のか
「ずきずき痛む」のか
「ずーんと重い感じがする」のか
そんな擬音によって症状がよく表現されていると思います。
まぁ、これが通じるのって日本人同士か、
かなり日本語を習得している人だけかもしれませんが。

先日、指を切ってしまった時の話を同僚にしていて、
日本語だと
「ぼーっとしてて指切っちゃったんだよね」というだけで済むのですが、
果たして英語でぼーっとするってなんて言えばいいんだ!?と悩みました。
その時は、
"I thought something different while cooking and cut my finger."
といった気がするのですが、
ぼーっとするという英語はあるのか、調べてみました。

ぼーっとするにも種類があって、
1. 別のことを考えていた
2. 体調が悪い
が考えられると思います。

1. 別のことを考えていた

a. "spacing out"

これはスラングだそうですが、上の空でぼーっとする、の意味だそうです。
Sorry, I was spacing out a little. すみません、ちょっとぼーっとしてました。

b. "daydreaming"

夢想してぼーっとする、の意味だそうです。

Sorry. I was just daydreaming. すみません、ちょっとぼーっとしてました。
(前と一緒やん)

c. "thinking about something else"

他のこと考えてた、という意味ですね。
私が今回使ったのもこんな感じのニュアンス(だったと思う)

Sorry,  I was just thinking about something else.

2. 体調が悪い

a. "dazed"

体調が悪くてぼーっとしている、の意味です。
Man, I am feeling dazed. お母さん、なんかぼーっとする。

b. "out of it"

頭がぼーっとする、の意味だそうです。
肉体的にまた精神的に疲れていてぼーっとしたり、
具合が悪いときにぼーっとするときにも使えるそうですよ。
I was out of it at work yesterday. 昨日、職場でボーッとしてました。

c. "fuzzy"

風邪などで頭がぼーっとする。
ハッキリものを考えられない、という意味もあるそうです。

I feel fuzzy in the head. 頭がぼーっとする。

こんな感じで”ぼーっとする”を表現できそうですね。
まぁ、でも日本語だと”ぼーっとする”だけでいいんだから
便利だなぁ笑

上記の知識については下記のサイトを参考にさせていただきました。

参考サイト1
参考サイト2

さて。

先日、気になっていたフレンチのお店でランチをしてきました。

f:id:lily_singapore:20170213195648j:image

Bistro Du Vinです。

http://www.bistroduvin.com.sg/

店名:Bistro Du Vin
ジャンル:フレンチビストロ
住所: 1 Scotts Rd, #01-14 Shaw Centre, Shaw Centre, シンガポール 228208
営業時間: 12時00分~14時00分, 18時30分~22時00分
電話:+65 6733 7763
HP: http://www.bistroduvin.com.sg/

Du Vinとは、フランス語でワイン、を意味するそうです。
あいにくフランス語には疎いので検索して調べました笑
スペイン語だとVinoですね。
やっぱラテン語派生の言語は似てるなぁ。

このお店は、オーチャードとチョンバルあたりの2店あり、
どちらのお店も、公式HPからぽちぽちと入力するだけで
予約が完了します。とっても楽です。
今回は、オーチャードのお店の方に行きました。

お店自体はIsetan Scottsと同じ建物にあります。
ただ、大通りから一本入ったところにあるので、
今までそちら側に行ったことがなく、
なんだかちょっと隠れ家っぽいお店だなぁ、という印象。

元々は他の方のブログを読んでいて
一度行ってみたいなぁ、と思ってメモっていたのですが、
メモっているお店が多すぎて、
もはや誰のブログで拝見したのかはわからず。。笑

お店自体の写真は撮り忘れてしまいましたが、
落ち着いた雰囲気の素敵なお店でした。

ランチはこんな感じのコースです。 

f:id:lily_singapore:20170213195651j:image

SGD29++のexpress set lunchは、
Entree、Plat Principal(main)、Dessert et Fromageのうち2つから1品ずつ選択。
SGD35++のset lunch menuはそれぞれから1品ずつ選択、
という違いがあります。

全部食べたい場合はSGD35++のset lunch menuですね。

特に迷いもなくset lunch menuにしました笑

アラカルトのメニューも美味しそう。

f:id:lily_singapore:20170213195707j:image

お洒落な料理って名前見てもわからないことが多いですが、
ここのメニューは詳細な情報が載っていていいな、と思いました。

f:id:lily_singapore:20170213195721j:image

デザートはアラカルトの方が選択肢が多そう。

私は、ENTREEはフォアグラ、メインはカモのコンフィ、
デザートはチーズプレートにしてみました。

最初にバゲットの入った籠が来たのですが、
おしゃべりに夢中で写真を撮るのを忘れてしまいました笑

外はパリッと、中はもちっとしたバゲットで美味しかったです。
お代わりOKです。
フレンチにくるとついついパンが美味しくて
いつもパンを食べ過ぎてしまう私。。。

f:id:lily_singapore:20170213195723j:image

フォアグラって普段あんまり食べないのですが、
表面がぱりっとしていて、中はぷるぷるで美味しかったです。
表面のぱりっとしている部分がちょっと甘めの味付け。

鴨のコンフィ。

f:id:lily_singapore:20170213195727j:image

本当はサイドはマッシュドポテトなのですが、
ここのマッシュドポテトは卵が入っている、とのことだったので
サラダに変更してもらいました。
最初に卵アレルギーについてお伝えしたらしっかり対応していただけて
とてもありがたかったです。

鴨も表面がしっかりとやいてあってこのパリパリとした食感を
楽しむことが出来ました。
日本で食べる鴨と違う味がする気がするのは私だけ?
同じ鴨なのか、日本と違う鴨なのか。。。
ちなみに私は鴨が好きです。
日本だと、中目黒にある Na Camo guroという
隠れ家的な鴨専門店がおすすめです。

デザートに来たチーズプレートも撮るのを忘れてしまいました。。。
紅茶と一緒にいただきましたが、
癖のないチーズで食べやすかったです。

気が付くとお店はほぼ満席。
ちょっとメインストレートから離れているのに、
このお店結構有名なお店なんだなぁーと。

美味しかったですし、
混みあっていても騒がしくない雰囲気のいいお店でした。

パンと3つプレートを食べたら、
お腹がいっぱいになったので、
シンガポールでこのクオリティでこのお値段なら
かなりコスパがいいといえるのではないかと思います。

ちょっとお洒落なフレンチでも、という時にお勧めです。

すっごい久々にフレンチ食べたなぁ。
とても美味しくて楽しかったので大満足です。

ではでは本日はこんな感じで。
↓ランキング参加中です。よかったら勢いよく押して行ってください↓

f:id:lily_singapore:20170211190248p:plain