読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

完全攻略!!大人のUSSはこう回るべし!-準備編-

観光

サロンデュショコラが今日から始まったそうです。

こんばんは、Lilyです。

以前から何回もこのブログで紹介している
チョコレートの祭典、サロンデュショコラ
今年はなんと場所を新宿から、
有楽町の東京国際フォーラムに変更し開催しているようです。
去年の新宿の会場よりも駅近いしアクセスもいいですね。
あぁ、行きたい、美味しいチョコ食べたい。
はぁ。

さて。

言わずと知れたシンガポールの観光地の一つ
Universal Studio Singapore

何回か言ったことがありますが、
今回全力で遊んできたので

完全攻略!!大人のUSSはこう回るべし!

と題して、準備編、アトラクション編でお届けしたいと思います。

ちなみに、イレギュラーなUSS Horror Night編はこちら。

目次

チケット購入

まずは、公式HPへ。

Attractions in Singapore | Universal Studios Singapore | Resorts World Sentosa

Tickets -> Book Nowから飛んで、予約することができます。
One-Day Ticketは
Adult (Ages 13 to 59) S$76 
Child (Ages 4 to 12) S$56
Senior(Ages 60 and above) S$38
となっています。

このまま買ってもいいですが、
チェックするべきなのはPromotionsです。

Attractions in Singapore | Promotions | Resorts World Sentosa Singapore

期間限定でお得なチケットが販売されていることが多いです。
2017年2月現在で存在するお得なチケットは、

We’re Celebrating 25 Million Visitors

というセットで、
S$138で、2人の大人のOne-Day Ticketがつき、
プロが撮ってくれる写真が1枚、
2枚のS$5のミールクーポン(min.spendingなし)
4枚のS$5お買い物バウチャー(min.spending S$35)

という、S$207の価値があるpromotionです。

3月19日までやっています。
(旧正月ちょい後までやってないので注意)

今回私はこちらのpromotionsでチケットを購入しました。
チケットを買ったらコピーして物理で持っていきます。
エントランス用のe-ticketと、ミールクーポン、
お買い物バウチャーと写真のバウチャー全て持っていきましょう。

Express Pass

USSでは日本のUSJ同様Express Pass(ファストパス)にお金がかかります。
種類は二種類。
Universal Express とUniversal Express Unlimitedになります。
これらの違いは、
Universal Expressの方は、Expressレーンがあるアトラクションに
各1回ずつ乗ることが出来るパスで、
Unilimitedは回数の制限ないパスになります。
値段としては、Universal ExpressはS$30~
UnlimitedはS$50~と設定されています。
この~の意味は、土日とかで値段が違う場合もありますし、
園内が混みあいExpress Passへの需要が高まると、
値段が高くなったりするためです。

そのため、個人的には
決断は朝一ですべし
と思っています。
朝の開園のときに、入場に並ぶ列が、
エントランス前の地球儀あたりまで来ていたら
混んでいる、と判断して買った方がいいと思います。

土日は混んでいることが多いですし、
今の時期は修学旅行生(日本から)も多く、混みあっている、という印象です。
また、アトラクションによっては、
一回の乗客数が多くても、
動き回るコースターの数が少ないものもあり
この気温が暑い中で待たされることもしばしばです。

アトラクションを全力で楽しみたいなら、
少なくともExpress Passは買った方がいいと思います。
ジェットコースター大好き!連続何回も行けちゃうよ!
という人にはUnlimitedをお勧めします。

持ち物・服装

必須の持ち物は、ずばり
雨合羽・レインコートです。

ジュラシックパークやウォーターワールドなど、
園内は水のかかるアトラクションがあります。
ジュラシックパークの列に並ぶ途中で、
レインコートを販売していますが、
VivocityにあるDAISOで買った方が値段的にお得で、作りも丈夫です。
水がかかることに関連して、タオルも持っていくと便利です。

服装は動きやすいものがいいと思いますが、
気を付けるべきは靴!
園内はわりと歩くことになるかと思うので、
履きなれた靴を履くことはもちろんですが、
先ほども言ったように水のかかるアトラクションがあります。
しかも、USSの水のかかるアトラクションは
結構足元に来ます笑
ということで、水はけのよい靴やサンダルがおすすめです。
水を吸収する素材だとぐちゅぐちゅのまま園内を歩き回ることになります笑

ちなみに園内でも派手なサンダルは購入可能でした笑

あと、USSは激し目のアトラクションが多く、
荷物を持ったまま、アトラクションに乗ることが出来ないものが多くあります。
そういった場合は、ロッカーに預けることになるので、
ポケット等に物を入れておくといちいち出すのが面倒になりますし、
万が一入れたままで無くした・破損したということが起こらないように、
全部入れられるバッグがあると楽だと思います。
まぁ、一番いいのはあまりものを持ち歩かない事ですが笑

園内のおすすめサービス 

今回初めて利用したサービスがとてもよかったので紹介しておきます。
キーポイントとなる場所は、
The Darkroomというお店です。
Hollywoodエリアにあり、エントランスから入場してすぐ、
スターバックスの隣にあります。

f:id:lily_singapore:20170126152839p:plain

このお店何かというと、
写真屋さんです。

この写真屋さんでは、プロのカメラマンが
ブルーバックで写真を撮ってくれて、
それに色んなキャラクターのフレームを合成してくれます。
ここまでならよく遊園地で聞く話なのです。
しかし、今回このお店はプロモーションをしており、
S$80支払うと、
園内で撮ったすべての写真のソフトコピーがもらえました!!
(ちなみにこのプロモがいつまでやっているのかはわからないので交渉次第?笑)

園内全て、というのはどういうことかと言いますと、
まず最初に入ったHollywoodエリアに専属のカメラマンの方がいて、
いろんなお店や風景を背景に何枚も写真を撮ってくれます。
Sci-Fi Cityでは大きなトランスフォーマーの前で、
Madagascarでは動物たちの集合の前で、
同じようにカメラマンが写真を撮ってくれるのです。
撮ってもらった後に、The Darkroomでもらっておいた、
バーコードのついたカードを、カメラマンに手渡すと、
自分たちの写真をそのバーコードに紐づけてくれます。
アトラクションの時に撮られる写真も同様で、
ジュラシックパークやCYLON等のアトラクションで
落ちている瞬間の写真等も写真カウンターで
写真を選択してバーコードカードを渡すと紐づけてくれます。

そして園内を回り終わって、
The Darkroomに戻り、バーコードカードをお店の人に渡すと、
まぁ、なんということでしょう!
今日一日園内で撮ってもらった写真が全てそこに!
という状態になるわけです。
この写真、さすがプロに撮ってもらっただけあって
写りもよくとてもきれいな写真でした。
ソフトコピーは枚数に制限がなくCDに焼いてもらえるので
同じアトラクションに何回乗っても全てデータとして残すことが出来ます。

こういうテーマパークっていくとき、できるだけ荷物は少なくしたい、
でも思い出は残したい、というのが常だと思うので
このサービスは本当にいいなぁと思いました。

私はチケットのプロモーションで写真が1枚ついていたので、
S$80で写真を2枚付けてもらうことができたので、
一緒に行っていた友達と1枚ずつ分け合うことが出来ました。
ご家族で行って、お父さんは重いカメラで写真係。。。
なんていうこともこのサービスを使えばなくなるのではと思いました笑
友達と2人だと、2人の写真はセルフィーするか、
人に頼むか、という感じなのですが、
いちいち人に頼むのも面倒くさいし(カメラの説明とかするのがめんどう)
セルフィーだと毎回同じような写真になるし、
ということで本当にこちらのサービス利用してよかったです。
ちなみにこれだけ推してますけど、
The Darkroomからお金は貰っていませんので笑 

ちなみにここも、決断は朝一がおすすめです。
どこのアトラクションでも写真がゲットできるので、
朝一で決断し、ここで契約し、バーコードをゲットするのがおすすめです。

といった感じで、熱く語った準備編はこんな感じです。
明日はアトラクション編です。

↓いつもクリックありがとうございます!↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ