読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

チャレンジオブザチキン その3

継続こそ力なり。

こんばんは、Lilyです。

求めれば与えられる、
きっと挑戦しなければ答えは見つからない。
Tiong Bahru Marketにおける
不動の地位を築くストール、#01-171のカンポンチキン。
あまりの人気さ故に、朝9時に行っても
良い部位の肉はほとんどない、という悲しい現実。
そこでLilyはTiong Bahru Marketにおける
他のチキンを売るストールの中から、
美味しい、と思えるストールを探す旅に出たのであった。。。

というのが今までのハイライトでございます。
詳細は下記にあります。 

今回は第三弾です。
ちなみに、Tiong Bahru Market内には
チキンを売るストールよりも、豚を売っているストールの方が多い気がします。

今回のストールはこちら。

f:id:lily_singapore:20161128003104j:image

看板なし・・・!!

 

ちなみに場所は#01-68の牛肉のお店の隣です。 

牛肉のお店については上記の過去記事参照。

2ストール分を使っているこちらのお店。
結構リッチな使い方、期待が持てます。

f:id:lily_singapore:20161128003112j:image

ショーケースはこんな感じ。
この隣で、おじさんとおばさんが二人で注文をさばいていきます。

今回は胸肉を2枚、骨抜きで頼みました。
元々のお肉は骨付きですが、頼むと抜いてくれます。

私のときは、おばちゃんが
豪快に出刃包丁を振り下ろし、抜いてくれました。
骨については持ち帰るかどうか聞かれます。
今回は本数も少ないのでいらない、を選択。

値段は胸肉2枚で5ドル。
グラムを測り忘れましたが、たぶん250-300g位だったかと。
たぶんですが、100g単位だと1.5から2ドルしないくらいです。

 

 

感想。

 

 

 

ここのチキン美味しい!

 

すっごい柔らかいし熱を加えても固くならず。
これは結構驚きました。
カンポンチキンと比較すると若干筋は多いですが、
前回のところほど筋も固くない。
そして下処理する際の脂肪分も結構少なかったです。
大体皮の下に、余分な脂肪が合ったりするのですが、
今回お肉に関してはそれが少なかったです。

 

これはかなり使えるお肉・・・!!!

 

結構地元の人ではにぎわっていますが、
日本人は殆どいないお店でした。
日本語は通じるかはかなり微妙ですが、
どのあたりの部位がほしい、くらいの単語を覚えていけばOK
骨は抜いてもらえます。
価格もカンポンチキンのストールと比較するとたぶん安いです。

まだモモ肉しか食べていませんが、今後も使おうと思いました。

評価は4.5ですね。
今までで一番高得点!!

あと数件あるので、
またレポートしたいと思います。
果たして出るのか、4.5以上!?

 

ではでは本日はこんな感じで。

↓いつも応援ありがとうございます。あなたのクリック、励みになってます!↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ