読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

See you なんて真っ赤な嘘。

文化の違いで驚くことがまだ日々あります。

こんばんは、Lilyです。

生活に慣れてくるとそんな驚くこともないだろう、と思うのですが
それでも驚くことはまだあります。
まぁ、2-3年住んでいたらそういう新鮮さもなくなりそうですが。
シンガポールにきていい意味で驚いたのは
全員ではないですが、概ね人がちゃんと列に並ぶこと。
朝の通勤電車でも乗る前にちゃんと人がきれいに並びます。
まぁ、たまに横入りされていらっとすることはありますが、
基本的には少ないと思ってます。
USSのハロウィン行った時もみんなちゃんと並んでたしな。

アジアに住む他の友達が遊びに来た時も
「シンガポールすごい!人が並んでる!」って言ってたので
やっぱり主観ではなくそういう側面はあると思います。

さて。

先日仕事中に非常にびっくりしたことがありました。
朝、仕事に行ってメールをチェックしていたら
取引先の人からメールが入っていて、
なんか私が言っていることが上手く伝わっていなくて
これはいかん、となったわけです。
そもそもいつも連絡取り合っている人じゃない人だから
細かいニュアンスがちょっと伝わってないのかも?
メールするより電話した方が早いかなぁ、と思って
電話をしてみました。

私「あ、Mr.A?さっきメール見たんだけども。
  今週のミーティングのアジェンダ間違ってない?」
A「Hi, Lily. あれ、なんかミスコミュニケーションあった?」
私「あれは今週じゃなくて来週のアジェンダだよ」
A「申し訳ない、送りなおすよ」
私「お願いします。そういえばMr.Bは?ミーティング来るよね?」
A「いや、

  Mr.Bは先週の金曜日が最終日だったんだよ
私「え!?!?
  先週の金曜日に会社辞めたってこと!?
A「Yes」
私「え、でも木曜日に電話した時に、
  See you on next Fridayって言ってたけど!?
A「いや、金曜日が最終日だったんだよ。
  今週の金曜日は後任が参加するからさ」
私「わかったけど、、、、びっくりー」

 

いや、ほんとびっくりだよ。

 

一日多い時で3-4回くらい電話してたし、
See you on next Fridayとか言ってないで、
一言くらい言ってくれてもいいんじゃない!?
ってなりました笑

上司に「これがシンガポールカルチャーなの?」
と聞いたところ
「転職は確かにシンガポールの文化だけど、
 ここまでいきなりっていうのは聞いたことない苦笑
と言っていました。

本当にびっくりでした。
会社によってなのか国の決まりなのかはわかりませんが、
大体1-2か月前には上司にやめる旨は伝えなきゃいけないらしいので
上の人知ってたなら徐々に引き継ぎとかしてくれればいいのにぃ。

まぁ、でも既にこっちいで働いてから
取引先の相手が2-3回引き継ぎの人に変わったりしているので
転職は本当に頻繁にあるんだなぁ、というのはしみじみ感じます。
まぁ、今までの人は最後の挨拶ちゃんとしてくれたけどっ笑

そんな感じのシンガポール、転職カルチャー。
より良い待遇や面白い仕事を求めて
仕事を変える人々がいるわけですが
取引先の人がいきなり変わると、
引き継ぎとかされてなかったりして面倒くさいです。
転職が多い文化なら引き継ぎのプロセスとか
ちゃんとしてくれてもいいと思うんだけどなぁー。 
難しい所だなぁ笑

そんな感じでまだまだカルチャーショックを味わう日々でした。

それでは本日はこんな感じで。
↓ランキング参加しています!よろしければポチッとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ