読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

日本から持ってきてよかったもの。

生活編 準備編

最近ケーブルテレビを見ながら化粧をするのが日課です。

こんばんは、Lilyです。

日本にいるときはYoutubeで音楽を聴きながら
メイクをしていたのですが、
シンガポールに来てからはケーブルテレビを契約したので
ケーブルテレビで色々見ながらメイクをする日々です。

これは別にシンガポールの番組を見ているわけではなく、
普通にアメリカとかオーストラリア、イギリスの番組を見ているのですが、
見ていて思うのは
日本のTV番組って本当につまんない、と。
自分が小学生の時くらいってもっとTVって面白かった気がするのですが、
今はどの番組見ても芸能人が出てるクイズ番組か
芸能人が芸能人招待してだべってるか、しかない気がするんですよね。
正直、芸能人にも限りがあるし
同じ人たちの中で組み合わせが違うだけな気がして
番組構成的にも面白いと思えず、
日本の家のTVはもっぱら映画か海外ドラマ見る専用でした。
あと、災害時のニュース。

こっちに来てから海外の番組は
ドラマのクオリティも高いし(予算のかけ方が明らかに違う)
素人番組も本当に面白いです。
素人番組のコンペティション系は特に面白くて好きです。
Master ChefとかNext Top Modelシリーズとか。
日本も昔は炎のチャレンジャーとか、TVチャンピョンとか
色々あったのになぁー。
英語の勉強にもなるし色々と見漁っている日々です。

さて。
今日は日本から持ってきてよかったなぁ、と思ったものについてです。
こちらで手に入りにくいもの、高いもの等々色々理由はありますが、
私の独断と偏見交じりでお話ししたいと思います。

Lilyバージョンの
シンガポールにってきてよかった10つのもの


1. 爪切り
地味にこれが一番役に立っているかもしれません。。。
日本で気に入ったのがあれば自分の爪の特性も考え、
持ってくるのがいいと思います。
家が決まるまでの間、日用品を買いに行くまでの間、
そんな時でも爪は伸びます。

2. 包丁
適当なところで安いのを買うと、びっくりするくらい切れませんでした。
使い慣れたものがあれば持ってきてもいいかな、と思います。
私は自炊をかなりする方なので重宝しています。

3. 乾燥系食品
こちらでも手に入りますが、種類は少ないです。
DAISOに行くと結構手に入りますが偏りはあります。
個人的には、アマノフーズの乾燥食品には非常に助けられています。
生活がちゃんと立ち上がるまでのアシストになりました。

4. ユニクロのWOMEN ライトポケッタブルパーカ
こちらでもユニクロはありますが、日本の方が安いです。
シンガポールは建物の中と外で室温のギャップが激しく
レストランでご飯を食べていると急に寒く感じたりします。
その時に、折りたたんで小さくなって持ち運びやすい
上着があると非常に助かります。
場所取らない&軽い、かなりいいと思います。

5. 常備薬
こちらの薬は日本と比較して強かったりします。
私の周りでもシンガポールでもらった薬が合わない、
という話を聞いたりするので、
飲みなれた薬がある場合は持ってきた方がいいと思います。
割と多めに持ち込んだとしても、
ちゃんとした薬であれば税関とか荷物検査で
何か言われることはありませんでした。

6. キーケース
これは持ってきて本当に正解でした。
コンドミニアムに住む場合、自宅の鍵と
エントランスをあけるカードキー、と別れていたりします。
両方カード型の場合もありますが。
そういったことを考えると、
カードの入る大きさのキーケースを持ってくるのが無難です。
キーチェーンだとちょっと不十分な可能性がありますね。

7. インターナショナルバンキングカード
大金を持ち込む、送金する、等の方法がありますが、
大金を持ち込むのは制限があるし、セキュリティ的に怖いです。
送金するのも結構時間がかかったりするらしいので、
手っ取り早くさくっとお金を手にしたいときは
インターナショナルバンキングカードを持っていて助かりました。
私の場合は、引っ越してから銀行口座を作成するまで
結構時間がかかってしまったので、当面のお金は
インターナショナルバンキングカードで下していました。
マリーナベイサンズのカジノの近くのATMだと
一回にかなりの金額をおろせて手数料を抑えることが出来て助かりました。
さすがカジノ近くのATM。

8. シンク用水切りごみ袋
住む家にもよりますが、
シンガポールのキッチンはあまり広くなく、
料理するのにすごく向いているわけではありません。
三角コーナーはDAISOに売っていますが、
がっつり買ってしまうと狭い流しを更に狭くします。
この自立式の水切りごみ袋は使ったら捨てればいいので
ダストシューターがあっていつでもゴミが捨てられる
シンガポールと非常に親和性が高いと思っています。
もっともっと持ってくればよかった。。。

9. USBポート付の延長コード
携帯やタブレット等はUSBポートがあれば充電できるので
コンセントの形がシンガポール対応のBF型で
延長先のポートが日本タイプのA型になっているのが便利です。
私はスマフォ2台に、タブレットが1台、PCが2台なので
日本タイプのA型とUSBのさし口があるタイプは非常に気に入っています。
日本タイプのA型タップはこちらで見たことがないので
持ってきた方がいいと思います。
BF型とA型の一対一のタイプはさし口の無駄遣いなので
旅行ならともかく生活にはあまりお勧めできない気がします。

10. 保冷バッグ
ペラペラしたタイプの保冷バッグはこちらでもDAISOとかで買えますが
バッグタイプのしっかりとした作りの大きいバッグを
シンガポールで見つけるのはなかなか難しいかと思います。
作りが丈夫なタイプがほしい場合は持ってきた方がいいと思います。
暑い国なのでスーパーで買ってから家に帰るまでに
生もの等が痛まない工夫が必要になってきますので
持っていると非常に重宝します。

だいたいこんな感じかと思います。
まぁ、基本的に日本のものは大体手に入るシンガポールなので、
持ってくると楽だったもの、くらいの位置づけだと思ってください。

何かのお役に立てば光栄です。

↓よろしければポチッとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ