読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

恐怖のパーティー

シンガポールでカラスを見た覚えがありません。

こんばんは、Lilyです。

鳩は日本と似た種類の鳩を見るのですが、
カラスは全然見たことがありません。
代わりにちょっと間抜けな顔の黒い鳥をよく見ます。
調べたところ、ハッカチョウというムクドリの一種だそうです。
日本いたときは人の近くをカラスがよく通るので
朝会社に行く人気の少ない時間は怯えていましたが、
今はハッカチョウの気の抜けたかにちょっぴり癒されています笑

さて。
先日、会社の人に突然
「Lily、ドリアンは好きか?」

と聞かれました。
ドリアン・・・それはフルーツの王様と称される果実。
匂いが凄い、ほんと凄い。

以前、タイに旅行に行ったときに、
ドリアンアイスには挑戦したことがあり、
挑戦したくせに、二口と食べることが出来ず、
同行していた友人に全部挙げた経験があります。

私「いや、ドリアンは…私は…」
同僚「何回食べたことがある?」
私「アイスを一回・・・」
同僚「アイス!?アイスなんて話にならないっ!」
私「一体どうしたの」
同僚「ドリアン、食べに行くよ」
私「いや、私はいいよ(即答」

突然なるドリアンのお誘い。

マジでNO THANK YOU

私「ほんといいから」
同僚「Lily、君は文化も学びたいって言ってたよな!?
   そんな態度でいいのか!?」
私「・・・・・・」
同僚「行くよ」
私「はい・・・」

ということでドリアンを食べてきました。
他の会社でドリアンパーティーがある、ということで
それにお邪魔してきました。

会社に到着。
ガレージにて行われている、とのこと。

車を降り、ガレージの方に向かうと…

 

臭う!臭う!!!!


ドリアンだ・・・!!!!

 

やつがすぐそこにいるのがわかる。
恐る恐る近づくと、


そこには

無言でドリアンをむさぼる無数の人が・・・!

いや、マジで異様な光景だった。
イチゴ狩りみたいな感じでみんながドリアン食べてた。

ファースト生ドリアン。。。

自分で一つ食べる勇気がなく、
同僚が持っているのをかじらせてもらうことに。


恐る恐る齧ってみました。。。



!!!!!!

 

 

くっさ!!!!

 

私の鼻と口からドリアンの臭いがするぅぅぅ。

 

なんというか、甘いのかそうじゃないのか、
なんとも形容しがたい不思議な味でした。
少なくとも今までに出会ったことのない臭い。
味が濃すぎて、なんかちょっと中華料理っぽい味がする気もする。
マジで不思議な味、としか言いようがない。

好きか?と聞かれましたが、

"Not for me"としか言えない。

とりあえずもう一回齧ってみてまったく同じ反応をし、
あとはずっと他のフルーツ食べてました。

どうやらシンガポーリアンの中にもドリアンがダメな人もいるらしく
やたらと豊富に他のフルーツが用意されていました。

一人暮らしになってからあまり消費できないので、
自分ではフルーツをほとんど買わなくなってしまい、
久々にフルーツを食べることが出来ました。
持ち帰り用のパックまで用意されていたのでしっかりと持ち帰りました。 

f:id:lily_singapore:20160830091055j:image

このミカン、日本のすっぱいミカンとすごーくよく似ていました。
聞いてみたところ、シンガポールのフルーツは
大体全部が輸入物なので、どこからのはわからないけれども、
日本とにた品種作っているところもあるんじゃないかなぁとのことでした。
私無類のミカン好きなのでこれなら毎日食べたいなぁ。
甘すぎるのよりちょっと酸っぱい方が私好きです。

そんな感じの恐怖のドリアンパーティーでした。

一緒に行った同僚曰く、
ファーストドリアン -> なにこれ嫌い。
セカンドドリアン -> なにこれ、やっぱり嫌い。
サードドリアン -> 美味しいぃぃぃぃぃ!

となったそうです。
3回目に何があった。。。。

 

私が好きになるまで食べるのかは不明でしたが、
シンガポールの文化として果敢に挑戦はしておきました。
恐ろしいパーティーだった。。。。

皆さんも一回は話のネタに試してみてはいかがでしょうか。
当然日本人でも好きな方はいっぱいいるのでしょうけれども。
私にとっては現段階では恐怖の対象です。

それでは本日はこんな感じで。

↓よろしければポチッとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ