読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

老舗の味を堪能する。

シンガポールに来る前は、暑すぎて化粧が溶けるのでは
と思っていましたが、案外そんなことはありません。

こんばんは、Lilyです。

シンガポールは暑いのでやはり汗はかくのですが、
熱波・太陽光による攻撃的な暑さではなく
どちらかというと湿度が高いじんわりとした汗のかき方な気がします。

その成果滝用に汗をかくことは(少なくとも私は)なく、
顔のファンデーションは日本の夏場ほどくずれていない気がします。

さて。
今日は、先日老舗の味を堪能しに行ったのでその話をします。
以前、初日に食べたバクテーの話をしました。

 

lilysingapore.hatenablog.com

 
この時にお話ししたバクテーのお店は、
調べてみたところ、Xing Chen Bak Kut Tehというお店でした。

今回は、美味しいバクテーを求めて
老舗で有名店である
松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)
に行ってみました。
このお店は、EPの申請にMoM(Ministry of Manpower)のEPサービスに
行った際に、向かいのビルの一階にあるのを発見しました。
朝に行ったのですが、朝から空いていて、
店の雰囲気がよく、あ、ここ老舗っぽいなーと思ったので
今度来てみよう、と思っていたお店です。

クラークキーの駅からすぐに向かえば近いのですが、
この日はサンテックシティモールからてくてくと散策しながら行ってみました。
だいたい11:45くらいに店の前の交差点に来たのですが、


あれ・・・?あの列もしかしてバクテー・・・?

 

まったく調べずにこの前にみた印象だけで店を決めてしまいましたが、
もしやここ有名店?
手持ちのガイドブックを見てみると、

のののの載ってる!!有名店や・・・!

ということで一人で並ぶことを決意。
しかもテイクアウトじゃなくて店で食べる気満々です。
私は一人定食屋も一人ラーメンも日本にいるときから余裕なので気になりませんw
20代独身OLの悲しい性。

列に並ぶと、私が並んだお店はどうやらフードコートスタイルのお店のようで
客の回転が速いためそんなに並びそうにはないかな、という感じでした。
近くにレストランスタイルのお店もあるので、
フードコートスタイルの慌ただしさが好きでない方はそちらの方がいいかも。

列の最初の方に来ると、店員さんに注文を聞かれます。
この店員さんは手にメニューが表示されたタブレットを持っており、
注文するとたかたかとそれを入力してくれています。
また、各店員さんはトランシーバーのようなもので連携をとっており、
老舗っぽいのに随分と現代化されています。
ちなみにシンガポールは結構IoT文化が発達しており、
比べる項目によっては日本よりも進んでいるな、と感じる部分もあります。

注文を終え、席に案内されると
席に既に注文の品がそろっていました。
5-6人並んでいましたが、15分くらいでお店に入ることが出来ました。


ちなみに一人のせいか


厨房前の店の奥の奥

に席が用意されていました。
べ、別にいいけどねっ。
ちょっと寂しいだけだけどねっ。
こっから見えるの完全に道路しかないけどねっ涙

 

一人のごはんがより切なくなる気がしました笑

こちらが注文のバクテーと野菜炒め。菜芯かな
あと飲み物はアイスハニーレモンティー。

f:id:lily_singapore:20160811225831j:plain

これで合計15.05SGDでした。
この前のバクテーが6-7SGDくらいなので
老舗とあってちょっと高めのお値段でした。

バクテーのスープは結構胡椒がきいていますが
やっぱり美味しい!!
お肉はしっかりと煮込まれており、骨からするっと外れました。
野菜炒めはたれの量がちょっと少なく、最後の方は味がしませんでしたが
バクテーが美味しすぎてあんまり気になりませんでした笑
ちょっと胡椒のきいたぴりから濃いめのスープなので
ご飯との相性は抜群でした。
スープだけ楽しんでもよし。ご飯を楽しんでもよし。
ご飯をスープに浸して楽しんでも良し、でバクテーは色々と楽しむことが出来ます。

有名店とあってやはり美味しかったです。

ちなみに食べ方はごはんではなく、揚げパンを浸す、という
パターンもあるので今後試してみたいと思います。


では今日はこんな感じで。

 にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村