読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊OL Lilyの食い倒れシンガポール

シンガポール駐在OLの食い倒れ記録とか日常とか

シンガポールで電車にのりたい

アジア人はアジア人を見分ける能力があると思います。

こんばんは、Lilyです。

よく買い物をしていると、何も話していないのに
「イラッシャイマセー!」と言われることがあります。
私のどういった部分で、こいつは日本人だ!と
見分けられたのかは定かではありませんが、
自分が人を見るときに、なんとなくこの人は
韓国人、中国人かなぁ、とかはわかるような気がするので
(的中率はどうかはわからないけど笑)
なんとなく、自分もそうやって見分けられているのかな、と思ったりします。
たぶん欧米人から見たら全部同じなんでしょうけども笑

 

今日は、シンガポールで電車に乗るための準備の話をします。
シンガポールは公共交通機関が非常に発達しており、
電車やバスで大抵のところはさくっと行けてしまいます。
また、やはり通勤時間には混み合うことはあるものの、
日本のようなクレイジーさはありません。
ダァシエリイェス!のとこの路線みたいに人によっては浮いてしまうような
そんな現象も起こりません。
そもそも人と触れ合うことは殆どないような。
こっちの同僚に東京の通勤時間の電車の写真を見せると
"OH..Crazy....!!!"とだけ言われました。

 

さて。
電車に乗るにはいくつか方法があります。
まず、旅行者向けなのがStandard TicketSingapore Tourist Passです。
Standard TicketはICチップを搭載したペラペラの紙で、
Suicaのように改札の磁気部分に触れると使うことが出来ます。
たぶんこれはMRT専用。
6回まで繰り返し使用することが出来ますが、
毎回チケット売り場の列に並び、
マシンにどこからどこまで行くか、を登録する必要があります。
10セントのデポジットがあり、
6回使うとこの10セントがチケットにチャージされて返金されるそうな。
Singapore Tourist PassはMRTとバスの両方で使用できます。
1日券、2日券、3日券等の日数換算で、デポジットは10SGD。

最後は旅行者向けではない、EZ-linkカード
シンガポールには定期という概念がないらしいので、
私は通勤に毎日このカードを使用しています。
MRTとバスの両方で使用可能です。
カード代金は5ドルでこれは返金されません。
単純にカードの代金だと考えています。
購入はチケットオフィスでしますが、
その際の初期費用はカード代5ドル+7ドルのチャージ分がかかります。
実はこのEZ-linkカードを使うと
スタンダードチケットよりも安く電車に乗ることが出来ます。
(確か20~30セント程度)
Suicaのような日本の電子マネーと同じで、
券売機でチャージすることが出来ます。
ちなみにこちらでチャージは"Top-up"と言います。
電車に乗る際に毎回チケットオフィスに並ばなくてもよいので
5SGDなんて惜しくないわ!時間が惜しいのよ、私は!
という方にはおすすめのカードになります。

ちなみにこのEZ-linkはまたまたSuica等と同じで
電子マネーとして買い物をする時に使用する事が出来ます。


私も、到着の初日にさっそく、
ホテル最寄り駅のチケットオフィスで購入しました。


これがEZ-linkカードです!!!

 

 

 

 

 

f:id:lily_singapore:20160813232117j:plain

 

 

 

 

 

可愛くなぁぁぁぁい!!!

 

いやいや、なんで同僚(男)がぐでたまのかわいいやつ
私がこれなのか!!!!納得いかない!!!
アイアンマンは好きだけど!ロバート・ダウニー・Jrは好きだけども!!
ちなみに、アイアンマンは全シリーズ見ましたが、
シビルウォーは見ておりませぬ。。。
最近の悩みはこのカード使ってると、マーベルファンなの?と聞かれることです。
アイアンマン以外見たことないのに。。。汗

ということで、こちらを使って通勤したりお出かけしたりしています☆

5SGDのチケット代金は返ってこないので、
可愛いカードがほしい人は購入時にカードのデザイン見せて!
といった方がいいと思います。

EZ-linkに関する別の情報については別の記事にそのうち書こうと思います。

今日はこんな感じで。

 

 
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村